道路上に設置される看板の参考例

道路上に設置する看板には、スタンドタイプの看板がおすすめです。スタンド看板を購入する際は、設置場所を決めてから購入しましょう。場所別のおすすめ設置例として、駅ナカや繁華街、同業他社が密集している場所では、とにかく看板を目立たせることが大切です。特徴や個性でアピールすることを忘れず、看板本体のデザインも店舗の雰囲気に合わせると良いでしょう。夜間営業している店舗には、電飾スタンド看板がおすすめです。さらにクリップライトなどを別途用意して、営業中をしっかりとアピールしましょう。インショップやビル店舗にある場合は、スタンド看板の設置は難しいですが、壁面や窓ガラスにカッティングシートやチラシ、ウィンドウシールの貼り付けが効果的です。スタンド看板は、入店を迷っている方に興味を持ってもらう役割があります。メニューや割引情報など、引き付ける項目を書きましょう。

看板を設置するために守るべきルール

道路上に看板を設置する際は、守らなければならないルールがあります。お店の好き勝手に看板を置くことはできないのです。耐久性や安全性のため、以下の設置ルールが決められています。まず、道路に看板を設置する際は、安全性などの条件を満たした上で事前に道路交通法に則った許可申請を提出する必要があります。軒先の日よけや道路脇の上りなど、道路に継続して看板を設置する際は、道路法に則り道路管理者の許可が必要です。更に、景観維持などのため屋外広告法に則り設置場所に許可が必要な場合があります。また、敷地を飛び越えて看板を設置していたり、大きな看板を設置する際には、追加で申請許可が必要となります。自治体ごとにより異なる条例もあり、それぞれに手続きが必要となるのです。看板を設置する際は、後々トラブルにならない為にも専門家に聞いてみると良いでしょう。

さまざまな種類がある看板の金額を紹介

店舗を開業する時に重要な存在となる看板には、さまざまな種類があります。種類ごとに大きさと値段も異なります。まず、最も一般的なタイプのスタンド看板です。こちらは両面タイプ、片面タイプ、電飾タイプがあり、サイズも豊富です。金額は15から20万円となります。次に、建物の壁から突き出して設置する袖看板です。蛍光灯が内蔵されるタイプが多く、夜でも効果的に宣伝が可能のため、目印となりやすい看板です。金額は30から150万円となります。次に、建物の壁につける看板で、正面部分につけることが多い壁面看板です。店舗の顔となるべき存在のため、店舗の外観と合うデザインを選ぶのが良いでしょう。別の照明で外から照らすタイプと、蛍光灯が内蔵されているタイプがあり、金額は10から20万円となります。