道路上に看板を設置することによるメリット

広告や広告媒体とも呼ばれる広告看板は、駅や空港、交通量の多い交差点などで見る機会が多いですが、お店に直接設置する看板とは違い、お店から少し離れたところに設置する広告看板は、集客や売上向上に効果が高いという特徴があります。しかし、広告看板は直接店舗に設置する看板とは違って、設置に必要な手続きや費用に大きく差があるため、広告看板を設置する場合は注意も必要です。例えば、お店から離れた場所に設置することの多い広告看板ですが、広告看板を設置する場合は設置を検討している場所の土地を所有するオーナーに看板を設置してもいいか土地交渉する必要があります。また、広告看板を設置するとなると広告掲載費用や設置にかかる工事費用も別途かかってしまうため、広告看板を設置する場合は看板設置にかかる費用についてもある程度知っておくことが必要といえます。

看板を道路上に設置するメリットとは?

テレビCMをはじめ、新聞広告やチラシ、ポスターなど、世の中にはさまざまな種類の広告があります。その中でも看板は、設置さえしてしまえばずっと使用することができるため、新聞広告やチラシよりも手軽かつ、長期的にお店を宣伝することができます。また、テレビCMの場合は、広告制作費用に加えて放映料が別途必要となるなど、宣伝に必要な費用は高額となりがちです。一方看板の場合、製作費用や設置費用はかかるものの、工夫次第ではとても安く制作・設置することができるメリットもあります。その他にも、通行人や車を運転する人の目にも入りやすい看板は、一目でどのようなお店なのか知ることができるので認知性も高まるほか、不特定多数の人が見ることができるので、集客率のアップにつながることもあります。

看板を設置する際に注意しておきたいポイントとは?

長期的な宣伝を目的とするなら新聞広告やテレビCMより費用を抑えることができる看板がおすすめですが、看板というのは情報を掲載できるスペースが限られており、全ての情報を掲載することが難しいというデメリットがあります。また、看板の場合は通行人が歩きながらでも内容が確認できるよう、一瞬でより多くの情報を伝えることが大事なポイントとなりますが、一瞬で内容が把握できる看板にするためにはデザインも考慮しなければなりません。特に、目立たなければ意味のない看板は派手なデザインになりがちですが、派手なデザインの看板を設置してしまうと町の景観を損ねてしまう可能性があり、京都市など歴史的景観の保全に力を入れている市区町村の中には、町の景観を守るため、派手なデザインの看板の設置を禁止している場合もあるので、看板を設置する際には事前に設置を検討している地域での看板設置は可能であるか役所に確認しておくことも必要です。

ハンガー什器は無駄を省いたシンプルなハンガー什器です。 アンティーク調のディスプレイテーブルは深みのあるクラシカルな色合いに仕上げました。 回転タイプのネットディスプレイ小スペースにも便利。 ディスプレイ用テーブルは木製からアイアン製まで幅広く取り扱っております。 多段テーブルはガラス天板と木製天板を取り揃えております。 パネル什器は定番のタイプからスノコタイプのものまで取り揃えております。 新規顧客jを獲得したいなら看板作成をストアエキスプレス